2016/ Pauline Deltour ソーサー(dark blue)
5ae7d69b50bbc3626a0005fb 5ae7d69b50bbc3626a0005fb 5ae7d69b50bbc3626a0005fb 5ae7d69b50bbc3626a0005fb 5ae7d69b50bbc3626a0005fb 5ae7d69b50bbc3626a0005fb

2016/ Pauline Deltour ソーサー(dark blue)

残り2点

¥1,620 税込

送料についてはこちら

2016/ Pauline Deltour ソーサーPD/012(dark blue) 有田焼の新しいブランド「2016/」(ニーゼロイチロク)は、佐賀県が主催した有田焼創業400年事業の一つ。「2016/」を語る上で欠かせないのが、有田焼が1616年に始まったことをふまえスタートした「1616/arita japan(イチロクイチロク アリタジャパン)」。クリエイティブ・ディレクターの柳原照弘氏は、「有田」という多彩なものづくり、デザインだけではなく、有田の『技術力』を世界に向けて発信することが狙いでした。1616/arita japanの成功から、16組の海外デザイナーと16の商社・窯元がコラボレーションし、新しいブランドを作ってミラノ・ サローネでお披露目をするという目的で「2016/」が始まりました。そして2017年の「エル・デコ インターナショナル デザイン アワード」テーブルウェア部門で見事グランプリを受賞しました。 Tea Time vol.3で特集したこの有田焼の「2016/」から、編集部で日常使いにおすすめしたい商品を販売することになりました。 フランス人デザイナー、ポーリーン・デルトゥアに有田特有の製造技術が多大なインスピレーションを与えました。伝統的な日本の器に残る高台をデザインモチーフにすることで、特徴的な印象を持ったシリーズが生まれました。彼女は、自身のコレクションのために、形とプロポーション、容量と扱い方における適切なバランスを探ろうと、アジアとヨーロッパの日々の生活で使われるカップやお皿の類型論を学びました。またダークブルー、煉瓦色、青磁など伝統的な日本の磁器から見つけた釉薬の色が、彼女によって新鮮な方法で用いられています。 色:ダークブルー サイズ:φ150 H8